最近では多くの家の屋根で太陽光発電のパネルを見ることができるようになってきました。家の屋根だけでなく広い敷地にパネルを並べ太陽光発電を行っている所もあります。これだけ太陽光発電が普及してくると、この先は電気を作る効率アップや価格を安くするしかなくなるように思いますが、太陽光発電の進化型とも言える物が登場しています。それは蓄電池です!太陽光発電で作られた電気を貯めておけるという物で、今まで電気は貯めてはおけない!という常識を打ち破る画期的なシステムです。天気が悪い日が続き発電が出来ない場合でも、事前に貯めておいた電気が使えるので安心する事ができます。最近では豪雨や竜巻など荒れた天気が多いので、もしも停電してしまったとしても蓄電池の電気を使えば最低限の生活をおくる事ができます。太陽光発電と蓄電池の組み合わせで更に快適な生活を送れるようになるはずです。


身近にたくさんある蓄電池

蓄電池、と聞くと難しそうで普段の生活にはあまり関係は無いように感じてしまうのですが、実は身近な色々なことに使われています。一番身近に感じることができるのは、スマートフォンの充電器ではないのでしょうか。外出先など、AC電源を確保することが出来ないような場所でもスマートフォンを充電することができる小型の充電器のような製品がたくさん販売されていますが、そのような製品にも内蔵されています。また、ノートパソコンやデジタルカメラにも内蔵されています。意外に身近でたくさん利用されている蓄電池なのですが、よく、バッテリーなどと呼ばれている物なのです。バッテリーの容量の大きさで携帯電話やスマートフォンの端末を選ぶ人も多いようです。そのために日々バッテリーは進化し、新しく発売される製品には最新の物が搭載されています。


子供のおもちゃに蓄電池

子供用のおもちゃはほとんどが電池で動くものばかりで、乾電池の消費が激しいです。しかも、いざ使おうとした時には、電池切れもよくあることで、使用済み乾電池が山のようにあります。常に乾電池のストックが必要で、しかも100円ショップで買うもんだから保ちも良くないんです。これは、コスト的にはどうなんだろうと思っていた時に、たまたま主人がメーデーの記念品で蓄電池を貰ってきたのです。それは単3が8本ついており、なくなれば充電して使えるのでとても便利なんです。子供用のおもちゃは単3電池を使うことが多いので、乾電池を常にストックする必要がなくなりました。コストパフォーマンスも良く、ゴミも出ないので助かっています。気に入ったので、様々なサイズの物を購入。値段はけして安いものではありませんが、後から考えれば、確実にお得です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*