蓄電池とは大容量の電力を貯める電池です。電圧の高い電力は大量に保存することができないため、火力発電所、水力発電所などは24時間365日稼動しているのです。太陽光発電、風力発電は、電気を産むためには光と風のような自然頼みになってしまうので、供給量が安定しないのです。電力を安定させるためにあるのが蓄電池です。これが産業用だけでなく、家庭用にも作られているのです。家庭用の蓄電システムは夜の安い電力を蓄電して昼間に使用したり、昼間の太陽光発電であまった電力を蓄電するのです。家庭での蓄電がうまくいくことで、電力が逼迫する夏の暑い時期、冬の寒い時期も安心です。蓄電システムは月々の電気代を安くできますし、地震などで停電した時にも電力を家庭に供給できます。地震による停電にも強いということは大きなメリットになります。


安い家庭用蓄電池は、節電意識をくすぐります。

家庭用蓄電池は、夜間の安い電気を充電してその電気を使用すれば、昼間の高い電気を使わずに済むので良いと思います。また太陽光発電をしているなら、その電気も充電できるので二重に得です。太陽光発電との相乗効果によって、家庭で使う電気代がかなり低く押さえれると思います。太陽光発電をしている家庭では、電気代を生んでくれるし、売電もできるのでかなりの節電効果があると思われますが、家庭用蓄電池を取り入れることによって、もって豊かな電気生活を楽しめます。電気代を如何に安く押さえるか、何処の家庭にとっても切実な悩みです。太陽光発電はクリーンエネルギーとして注目されましたが、設置に金が割りと掛かるので敬遠されがちです。しかし高い節電効果が期待でき、しかも安い家庭用蓄電池なら積極的に取り入れられると思います。何故なら節電を意識するひとが、かつてないほど多いからです。


エネルギー政策を変えるかもしれない蓄電池

現在の蓄電池がさらにコストダウンすることができたら、電力エネルギー政策で革命が起こると言われています。というのも、再生可能エネルギーで活用することができるからです。再生可能エネルギーの主力とされている太陽光発電や風力発電は自然の力を頼るため安定的な電力発電ができません。それが最大のデメリットなのです。しかし、そこに蓄電池が加わることでそのデメリットがなくなってしまいます。発電しているとき余った電力を蓄えて、発電していないときに利用すればいいからです。まだまだコスト的には決して安いとは言えない蓄電池ですが、今後さらにコストダウンしていくと言われています。そうなると今後は100%自然のエネルギーだけで電力を賄える社会となるかもしれません。そういう意味で非常に注目されているものの一つとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*