蓄電池には、大型と小型があります。充電式電池とも言われ、充電を行うことで電気を蓄えて電池として使用できるようになり、何回も繰り返し使用することができる電池のことです。太陽光発電で発電した電力で充電するタイプや家庭用の非常電源タイプがあり、災害時や非常時に備えるというオフィスや医療機関を始め、マンションや一般家庭でも設置が進んでいます。小型の家庭用は、万が一の停電時の対策や安い夜間電力を貯めて昼間に使用する節電を目的とした利用がされています。この頃は太陽光発電も浸透してきましたが、太陽光発電だけではそのまま家庭での消費か電力会社への売電に限られてしまいます。今までは蓄電はできませんが、最近は可能にできるよう開発が進められています。また、自治体で設置に対して補助金がでたりして普及活動に積極的になっています。


蓄電池で時間とお金を節約をしよう

「蓄電池」をご存知ですか。「充電池」という言葉のほうがピンとくると思いますが、蓄電池とは、いわゆる充電式の電池のことです。この充電式電池は節約生活に大きく貢献してくれます。現代では、たしかに、電池を用いる機会は減っていると思います。昔なら電池で動いていた携帯ゲーム機も近年では充電式になっていますし、その他の製品でもバッテリータイプになっているものが散見されます。しかし、未だに電池を用いている製品も多く残っています。たとえばBluetooth製品や無線式のパソコン用マウスは、一般的に単四電池二本で動いています。また、置き時計・掛け時計も電池稼働が一般的です。ほかにテレビやエアーコンディショナーのリモートコントローラーなども電池で動いています。よって、そういった製品を蓄電池に代えてしまっていはいかがでしょうか。これによって電池を買い替える手間はなくなりますし、お金もまた節約できます。もっとも製品によっては充電式に対応していないものあるので注意は必要です。


太陽光発電を設置するなら蓄電池も検討して

ここ数年で一般家庭の太陽光発電普及率はかなり上がったと思います。それと同時に、実は家庭用の蓄電池の普及も広がっているようです。昔は太陽光発電システムを付けている家庭でも、蓄電装置を備えていないのが一般的でした。ところが、これではもしも停電した時の夜間に使用出来る電力が確保できません。蓄電装置を備えていれば、日中の太陽光によって作られた電力を蓄えておき、太陽が沈んだ後の夜間でもわずかなら電力が利用できるようになります。最近は発電装置の設置と同時に蓄電装置をきちんと装備する家庭が増えた為、蓄電池自体の価格も下がってきている傾向があります。今後太陽光発電装置の設置を検討する際は、同時に蓄電装置の設置も検討しておくと良さそうです。これらを同時に設置する方が手間もなく、工事期間の調整も行いやすいので、後付よりもお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*