蓄電池の普及の必要性

電気を貯めるものとしてバッテリーがあります。しかし、一般的に電気は貯めておくことができないのです。そのために、発電所は24時間365日計画停止を除いて運転して、電力を作っているのです。電気を貯めておくためのシステムが蓄電池なのです。蓄電池は太陽光発電、風力発電システムで利用することが求められているのです。太陽光発電、風力は自然頼みのため、安定した電力を供給できません。ですので、一旦、蓄電して、貯めた電力を送電網に供給するのです。産業用の蓄電システムは太陽光、風力で利用します。しかし、家庭用の蓄電は少し違います。昼間の太陽光発電の電力を蓄電したり、夜の安い電力を蓄電して、昼間には蓄電した電力を使用することで電気代を安くするのです。東日本大震災による原子力発電のトラブルから太陽光、風力の発電の必要性と蓄電システムの確立が大切になってきております。


蓄電池の使用上の注意と、特徴

蓄電池の正しい用途は、まず電気がなくなって使用不可の状態になってから、充電器にを使用する事により電気を蓄え再度使用可能な状態にするのです。一般的に販売されている単四型の蓄電池を上げると、アルカリの充電できないタイプの電池は1.5Vの電圧を最大出す事ができます。しかし充電できるタイプになると、話は別で1.5Vよりも0.3V低い、1.2Vの電圧までしか出す事ができません。これは違う充電地にも共通する事であり、充電池ならではの欠点です。欠点としてあげるなら、充電の時間が10時間以上かかることです。しかしメリットとしては、物によっては1000回以上繰り返し充電する事が可能です。いくら、性能の低い物になっても、500回以上は充電できるようになっています。しかし用途を誤ったり、電池に大きな負荷をかけ続けると次第に充電できる回数は減少していきます。


蓄電池の使われ方について

蓄電池とはいったい何だろうと思われている方もいらっしゃるかと思いますが、私たちの生活の中にはたくさんあります。これは、充電をすることによって何回も使うことができる電池です。再度利用することができるものとしてバッテリーとか充電池と呼ばれる場合があります。私たちの周りにはパソコンであったり自動車であったりとこれによって便利になっているものがたくさんあります。携帯電話やスマートフォンなどにも利用されているのです。充電の回数が多いほど電池パックが劣化しやすくなるので最後のころには充電がすぐになくなるという症状にもなってきますが、それは数年後になることです。そのようなサインがでてきたら交換に時期にきたと思ってもらえたらよいかと思います。回りにあるものとして持ち運びのできる電気製品などがほとんど蓄電池がついていると思ってもらえたらわかりやすいかと思います。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)